EcoNaviインデックスへ
生き物の目から 生き物の目から 「森林/山村/里山」のエコ・トピックス
針葉樹の人工林の荒廃
広葉樹の価値の見直し
豊かな広葉樹林とツキノワグマ
森と川のつながり
樹齢100年の樹を100年使う家具
縄文文化と広葉樹林の
資源活用

縄文文化と漆
山村文化と雑穀
山村文化と焼畑農業
里山と炭焼き
里山の再発見
炭の多彩な可能性
木質バイオマスの熱利用
木質バイオマス発電
葉緑素の光合成と
有機物の「生産者」
広葉樹の価値の見直し
戦後の復興期に木材需要が急増し、スギやヒノキの人工林の造林が広大な面積の山林で行われ、その際に経済的な価値が低いと考えられていた広葉樹林の伐採が大規模に進んだ。
これが、森に住む生き物たちを危機にさらす結果になった。広葉樹林はクマ、イノシシ、シカなどの大きな動物をはじめとして多彩な生き物を育む豊かな森なのに対して、針葉樹林は、生き物の多様性の乏しい森なのだ。そのため、最近では、広葉樹林を再生させるための試みや人工林でも針葉樹と広葉樹が混じった複相林にしていく試みがはじまっている。また、まっすぐに伸びるスギやヒノキを偏重するのではなく、広葉樹の材の持ち味を生かした木工も盛んになっている。
お勧めサイト
東北大学植物園
http://www.biology.tohoku.ac.jp/garden/index.html
森林総合研究所・研究の森から
/ 広葉樹林における更新のメカニズムを探って
http://www.ffpri.affrc.go.jp/labs/kouho/mori/mori-42.html
このトピックスをめぐるWebLogue特集
「里山再生と炭焼き&木質発電」
「身近な野生動物」
ガイドマップを表示
関連の深いエコトピックス
EcoNaviインデックスへ